楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/08 11:00

山崎貴監督&広瀬すずが体現してみせた「ルパン三世」へのリスペクト

 [映画.com ニュース] 1967年、コミックの連載がスタートし、今もなお愛される「ルパン三世」。今年4月に亡くなった原作者のモンキー・パンチ氏が悲願だった3DCGアニメで製作されたのが「ルパン三世 THE FIRST」だ。日本のVFXの第一人者で、「STAND BY ME ドラえもん」も手掛けた山崎貴監督と、宮崎駿監督による名作「カリオストロの城」のクラリスを彷彿させる新ヒロイン、レティシアに抜てきされた広瀬すずが「ルパン三世」への思いを語った。(取材・文/平辻哲也、写真/間庭裕基)

 2人は大の「ルパン三世」ファン。長野県松本市出身の山崎監督は「僕は小さい時に横浜の親戚の家に遊びに行き、『ルパン三世』の峰不二子のお色気シーンを見て、『都会って、恐ろしいな、すごいな』と思ったんです(笑)。その後、地元でもテレビが見られるようになって、『カリオストロの城』をテレビの放送で見たら、とても面白かった。うちの車は(ルパンの愛車と同じ)黄色いフィアットなんです。実際は奥さんのものですけどね」と笑う。広瀬は「小さい頃からずっと見ていました。 世代を関係なくして、みんなが好きな作品なので、私なんかが入っていっていいのかなと思いました」と話す。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >