楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/09 11:00

「エンドゲーム」「スカイウォーカーの夜明け」などアカデミー視覚効果賞対象20作品が発表

「アベンジャーズ エンドゲーム」 (C)2019 MARVEL
「アベンジャーズ エンドゲーム」 (C)2019 MARVEL

 [映画.com ニュース] 映画芸術科学アカデミーが、アカデミー賞視覚効果賞の対象作品20本を発表した。

 「アベンジャーズ エンドゲーム」や「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」といった超大作から、ロバート・デ・ニーロやアル・パチーノらベテラン俳優陣をCGで若返らせたマーティン・スコセッシ監督作「アイリッシュマン」、全編ワンカットで撮影された戦争映画「1917 命をかけた伝令」まで多彩なラインナップになっている。

 今月中に映画芸術科学アカデミー内の特殊効果部門の執行委員会によって最終候補が10作品に絞りこまれたのち、ノミネート投票が行われることになる。第92回アカデミー賞のノミネート発表は2020年1月13日に行われる。

 視覚効果賞の対象作品20本は以下の通り。

「アド・アストラ」
「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」
「アラジン」
「アリータ バトル・エンジェル」
「アベンジャーズ エンドゲーム」
「キャプテン・マーベル」
「キャッツ」
「ダンボ」
「ワイルド・スピード スーパーコンボ」
「フォード VS フェラーリ」
「ジェミニマン」
「アイリッシュマン」
「ジュマンジ ネクスト・レベル」
「ライオン・キング」
「メン・イン・ブラック インターナショナル」
「ミッドウェイ(原題)」
「1917 命をかけた伝令」
「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」
「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」
「ターミネーター ニュー・フェイト」



【関連ニュース】
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >