楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/09 12:00

サルマーン・カーンが歌とダンスで紡ぐハートウォーミング・マサラムービー、20年2月公開

歌&ダンスが贅沢に盛りこまれた「プレーム兄貴、王になる」 (C)Rajshri Productions cFox Star Studios
歌&ダンスが贅沢に盛りこまれた「プレーム兄貴、王になる」 (C)Rajshri Productions cFox Star Studios

 [映画.com ニュース]インドの国民的スター、サルマーン・カーンが主演を務める「Prem Ratan Dhan Payo」(原題)が、「プレーム兄貴、王になる」の邦題で、2020年2月21日に公開されることがわかった。豪華絢爛な歌とダンスにのせ、貧乏役者と王子の入れ替わりの物語を紡ぎ、「古き良きボリウッド映画の再来」と称された。

 年間製作本数2000本を誇る映画大国インド。経済の隆盛に伴い作品も徐々に洗練され、社会問題を描くものや、派手なCGやアクションを重視するものが増え、歌とダンスを贅沢に盛りこんだ映画が減少していると言われている。そんな流れを変えるかのように、本作では全編を通じて7シーンにもおよぶ歌&ダンスシーンとともに、世界中の舞台や映画で親しまれてきたイギリスの古典小説「ゼンダ城の虜」をベースにした喜怒哀楽のドラマを展開する。

 総製作費18億円、1000日以上の準備期間をかけ、荘厳な宮殿や鏡の城のセットを作り上げた。さらに、5000人のエキストラを動員し、15カ月と200日におよぶ大規模な撮影を敢行。おとぎ話の様に華やかで美しい世界を実現させ、インド映画の原点回帰を目指した結果、15年のインド国内興行収入で第3位というヒットを記録した。「バジュランギおじさんと、小さな迷子」のカーンが貧乏役者プレームとヴィジャイ王子の2役を演じ分け、「パッドマン 5億人の女性を救った男」のソーナム・カプールが、聡明なマイティリー王女に扮する。「ホテル・ムンバイ」のアヌパム・カーが共演し、スーラジ・バルジャーティヤ監督がメガホンをとった。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >