楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/10 04:00

松田龍平、海外の映画祭で初受賞! 綾野剛&大友啓史監督と「影裏」ワールドプレミアに参加

ベストアクター(最優秀俳優賞)に選ばれた松田
ベストアクター(最優秀俳優賞)に選ばれた松田

 [映画.com ニュース] 大友啓史監督作「影裏」に出演した松田龍平が、中国・海南島で行われた「第2回海南島国際映画祭」のベストアクター(最優秀俳優賞)を受賞したことがわかった。松田にとって、海外の映画祭での受賞は初めてのこととなった。

 第157回芥川賞を受賞した沼田真佑氏の小説を実写映画化。会社の転勤で岩手に移り住んだ今野(綾野剛)は、そこで出会った同僚の日浅(松田)と仲を深め、遅れてやってきたかのような“成熟した青春の日々”に心地よさを感じていた。だが、ある日突然、日浅は今野に一言も告げずに会社を辞めてしまう。しばらくして2人は再会したもの、一度うまれた距離は埋まらず、会わないまま時が過ぎていく。やがて、日浅が行方不明になっていることを耳にした今野は、彼の足跡をたどるうち、数々の“影の顔”“裏の顔”を知ってしまう。

 中国の4大国際映画祭のひとつとして知られる「海南島国際映画祭」は、リゾート地・海南島にある三亜、海口、瓊海の3市をつなぐ「島全体での映画祭」を目指し、昨年に初開催。2回目となる今年は、仏女優のソフィー・マルソーがアンバサダーを務め、「マスタークラス」には黒沢清監督が招待され、特集上映を実施。イザベル・ユペールが審査委員長を務め、「セールスマン」「誰もがそれを知っている」のアスガー・ファルハディ、イーサン・ホークも訪れていた。「影裏」は、第2回から新設されたコンペティション部門に、日本から唯一選出されていた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >