楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/10 19:07

【ゴールデングローブ賞】テレビ部門は「チェルノブイリ」など3作が最多ノミネート メリル・ストリープは記録更新

「チェルノブイリ」場面カット (C)2019 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.
「チェルノブイリ」場面カット (C)2019 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

 [映画.com ニュース] ハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)の会員投票によって選出される、第77回ゴールデングローブ賞のノミネーションが12月9日(現地時間)に発表された。

 テレビカテゴリーでは、米HBO制作の「チェルノブイリ」(ミニシリーズ/テレビ映画)、Netflixオリジナルシリーズ「アンビリーバブル たった1つの真実」(ミニシリーズ/テレビ映画)、「ザ・クラウン」(ドラマ)の3作が最多4部門にノミネートを果たした。

 「チェルノブイリ」は、1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故の内幕を描いた実録ドラマ。作品賞、主演男優賞(ジャレッド・ハリス)、助演男優賞(ステラン・スカルスガルド)、助演女優賞(エミリー・ワトソン)にノミネートされた。第71回プライムタイム・エミー賞リミテッドシリーズ部門で作品賞、監督賞、脚本賞を受賞しており、批評家からの支持も厚い作品だ。

 同じく4ノミネートを獲得したNetflixオリジナルシリーズ「アンビリーバブル たった1つの真実」は、ピューリッツァー賞受賞の報道を映像化したドラマ。レイプ被害を告白した18歳のマリーは、普段の素行の悪さと事件の矛盾点から警察の信用を得られない。捜査は打ち切られるが、数年後マリーの事件と酷似した連続レイプ事件が起こり、ふたりの女性刑事が再捜査を始める。作品賞のほか、主演女優賞にマリー役のケイトリン・デバーと女性刑事カレン役のメリット・ウェバー、助演女優賞にカレンとコンビを組む女性刑事グレース役のトニ・コレットがノミネートされた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >