楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/11 06:00

「Official髭男dism」藤原聡、「キャッツ」吹き替え版に参戦! 美声&ダンスを披露するワイルド猫役

もともと犬派だが猫派になりつつ あると語る藤原聡 (C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
もともと犬派だが猫派になりつつ あると語る藤原聡 (C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 人気ピアノポップバンド「Official髭男dism」の藤原聡が、ミュージカルの金字塔を映画化する「キャッツ」日本語吹き替え版の声優を務めていることがわかった。演じるのは、歌手のジェイソン・デルーロ扮する自由奔放でワイルドなラム・タム・タガー。美声とダンスで全ての猫を虜にするという役どころだ。藤原は「一緒に作って下さった収録スタッフの皆さんのおかげで、自分なりに、表情豊かに歌うことができたんじゃないかなと思います」とコメントを寄せている。

 全世界累計観客動員8100万人を記録し、猫たちの“一生に一度の特別な一夜”を描くミュージカル「キャッツ」。映画版では「レ・ミゼラブル」のトム・フーパー監督がメガホンをとり、巨匠スティーブン・スピルバーグと、「オペラ座の怪人」などで知られる世界的作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーが製作総指揮に名を連ねた。

 本作で映画初出演を果たす藤原は、ブラックミュージックをルーツにしたクリエイティブな音楽を生み出し人気を博す「Official髭男dism」でボーカル、ピアノを担当している。映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用された「Pretender」は週間ストリーミングランキングで24週連続1位を記録。メジャーデビュー後初のアルバム「Traveler」がオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得し、今年のNHK紅白歌合戦への初出場が決定するなど、大きな注目を集めているグループだ。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >