楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/11 15:00

放送映画批評家協会賞映画部門は「アイリッシュマン」が最多14ノミネート

最多14ノミネート (C)Netflix
最多14ノミネート (C)Netflix

 [映画.com ニュース] アカデミー賞レースの前しょう戦として注目される第25回放送映画批評家協会賞(クリティック・チョイス・アワード)のノミネートが発表され、マーティン・スコセッシ監督「アイリッシュマン」が最多14ノミネートを獲得した。

 Netflix映画「アイリッシュマン」は、伝説的マフィアのラッセル・バッファリーノに仕えた実在の殺し屋で、1975年に失踪した全米トラック運転組合委員長ジミー・ホッファをはじめ、多くの殺人事件に関与したとされるフランク・“アイリッシュマン”・シーランを主人公に描いたサスペンス。ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシのオスカー俳優3人が豪華競演した本作はここまでの賞レースを席巻しており、今回も作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、脚色賞を含む14ノミネートに輝いた。

 続く12ノミネートを獲得したのは、クエンティン・タランティーノ監督「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。また、グレタ・ガーウィグ監督が「若草物語」を映画化した「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」が9ノミネート。ノア・バームバック監督のNetflix映画「マリッジ・ストーリー」と、サム・メンデス監督「1917 命をかけた伝令」がともに8ノミネートを獲得した。ちなみに、ガーウィグ監督とバームバック監督は私生活のパートナーで、2人の間には今年3月に第1子が誕生している。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >