楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/11 16:00

放送映画批評家協会賞テレビ部門は「ボクらを見る目」が最多6ノミネート

不当逮捕された実際の冤罪事件をドラマ化 写真:Everett Collection/アフロ
不当逮捕された実際の冤罪事件をドラマ化 写真:Everett Collection/アフロ

 [映画.com ニュース] アカデミー賞レースの前しょう戦としても知られる第25回放送映画批評家協会賞(クリティック・チョイス・アワード)のノミネートが発表され、テレビ部門はエバ・デュバーネイ監督のNetflixドラマ「ボクらを見る目」が最多6ノミネートを獲得した。

 「ボクらを見る目」は、黒人5人が不当逮捕された実際の冤罪事件をドラマ化。1989年に米ニューヨークのセントラルパークでジョギング中の白人女性を暴行したとして、ハーレム出身の黒人の若者5人が逮捕された事件で、5人は潔白を主張したが警察の圧迫尋問により罪を認め、実刑判決を受けた。その後、別件で逮捕された男が89年の事件の真犯人だと自白したことから、服役していた5人は自由の身となり、ニューヨーク市との裁判の末、賠償金を獲得した。本作はデュバーネイが脚本・監督・制作総指揮を手がけ、オプラ・ウィンフリー、ロバート・デ・ニーロも制作総指揮に名を連ねている。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >