楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/11 17:00

「6アンダーグラウンド」マイケル・ベイ監督が明かす“破壊”の美学「アクション映画にはカオスが必要」

マイケル・ベイ監督
マイケル・ベイ監督

 [映画.com ニュース] 「トランスフォーマー」「バッドボーイズ」シリーズなど、数々のアクション超大作を手がけてきたマイケル・ベイ監督によるNetflix映画「6アンダーグラウンド」。12月13日からの配信を控えるなか、このほどベイ監督がビデオ通話会見を行い、本作の魅力やアクションシーンのこだわりなどを語った。

 謎の億万長者、元CIAスパイ、凄腕の医者など、世界随一のスキルを持ち、過去を消して未来を変えたいと願っている男女6人のスペシャリストたちで結成された最強チーム「6アンダーグラウンド」が、最難関のミッションに挑むさまを描く。

 「リアルに撮ることが好き」とベイ監督が言う通り、スタントシーンでは爆破・破壊されたものを含めて750台以上の車両を使用。イタリアのピッティ宮殿や、ミラノの大聖堂ドォーモを超低空飛行のヘリコプターやドローンで接近して空撮するなど、前例のない撮影が敢行された。CGを多用しない撮影へのこだわりについて、ベイ監督は以下のように述べる。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >