楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/12 08:00

ピーター・ジャクソンが第一次世界大戦の記録映像を修復、着色、3D化したドキュメンタリーが1月公開

100年前の戦争がリアルに蘇る (C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
100年前の戦争がリアルに蘇る (C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 [映画.com ニュース] 第一次世界大戦の記録映像をピーター・ジャクソン監督が、修復、着色、3D化という3段階の作業を経て再構築したドキュメンタリー「They shall not grow old(原題)」が、「彼らは生きていた」の邦題で2020年1月25日から公開される。

 本作は、第一次大戦終戦から100年を迎え、イギリスで行われた芸術プログラム「14-18NOW」と、帝国戦争博物館の共同制作で、帝国戦争博物館に保存されている記録映像を再構築したドキュメンタリー。アメリカの辛口映画批評サイト、ロッテントマトでも100%フレッシュを獲得するなど高い評価を受けている。

 ジャクソン監督は、2200時間以上あるモノクロ、無音、経年劣化が激しく不鮮明だった100年前の記録映像に、修復、着色、3D化という3段階の作業を400人以上のアーティストと共に実施。バラバラのスピードで撮影されていた古い映像を現代の24フレームに修正するため、足りないフレームを作成するなど、今までにない最新のデジタル技術を用いて修復した。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >