楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/12 12:00

実写「シティーハンター」フランス大ヒットの要因 オマージュ&小ネタ満載でアニメファンが大喜び

(C) Axel Films Production
(C) Axel Films Production

 [映画.com ニュース] 北条司氏による大ヒット漫画「シティーハンター」をフランスで実写映画化した「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」は、原作の大ファンであるフィリップ・ラショーが監督・主演を務め、フランスで観客動員168万人のヒットを記録。日本でも11月29日に公開され、12月8日までの10日間で動員8万1127人、興収1億を突破、観客からは「心底安心できた実写版」「原作への愛を感じる」「日本よ、これが実写化だ!」(映画.comレビューより)と高い評価を得ている。しかし、難しいといわれるマンガ・アニメの実写化が、なぜフランスで成功したのだろうか? このほど、映画.comがヒットの要因を探った。
編集部注:本記事にはネタバレ・解説が含まれています。

 「シティーハンター」は、フランスでは「ニッキー・ラルソン」というタイトルで、リョウがニッキー・ラルソン、香はローラという名前だ。今回の実写映画の原題は「Nicky Larson et le parfum de Cupidon」(ニッキー・ラルソンとキューピッドの香水)。実は本作、ラショー監督の日本アニメへの愛が溢れる多数のオマージュが詰め込まれており、リョウが槇村とバーで飲むシーンでは、らんまと呼ばれるウェイトレスに1/2サイズのビールをオーダーしたり、「ドラゴンボール」シリーズの亀仙人のようなシニア男性が登場と、現在公開中の吹き替え版でも映像で表現されたいくつかの描写が確認できる。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >