楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/12 16:10

中村倫也、大活躍だった2019年を振り返る 恋愛ドラマの三角関係に絡む役に喜び

「エル メン賞」のトロフィーを受け取り、ガッツポーズの中村倫也
「エル メン賞」のトロフィーを受け取り、ガッツポーズの中村倫也

 [映画.com ニュース]ファッションメディア「ELLE」が独自の視点で選出した「エル シネマアワード2019」の授賞式が12月11日、東京・丸の内の東京會舘で開催された。日本の映画界で輝いていた女優に贈る「エル ベストアクトレス賞」に門脇麦、男性部門「エル メン賞」に中村倫也、今後の活躍に期待したい人物を称える「エル・ガールライジングスター賞」に佐久間由衣、監督部門にあたる「エル ベストディレクター賞」は蜷川実花監督が受賞した。

 2019年は「長いお別れ」「台風家族」などが公開され、「アラジン」日本語吹き替え版の声優として美しい歌声を披露した中村は、Diorのタキシードで登場し、「今日は5割増しです。これが限界です(笑)」とジョークを飛ばす。「今年は1個1個着実に、不安でいっぱいだったけど、やってみたら手ごたえを感じた1年でしたね。そういう実感はなかなか持てるものではないと思うので、貴重な、生涯財産になるような経験をたくさんさせて頂きました」と述懐する。映画に加え、「初めて恋をした日に読む話」「凪のお暇」など恋愛ドラマ2本にも出演し、大活躍だった1年。「去年までだったら、恋愛ドラマの“何角関係”に入れない人の役をやっていたので(笑)、今年はその三角関係に入ることができて。自分に務まるのか不安もあったんですけど、街で『見てるよ』って声をかけられたりもして、良い仕事ができたと思います」と笑みを浮かべた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >