楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/14 08:00

宮沢りえ、女優の原点「ぼくらの七日間戦争」を回想「奇跡を感じた」

 [映画.com ニュース] 宗田理氏のベストセラー小説を1988年の実写映画に続き、新たにアニメーション映画化した「ぼくらの7日間戦争」の初日舞台挨拶が12月13日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、主人公を演じる北村匠海、芳根京子、実写映画版と同じ役を30年ぶりに演じた宮沢りえ、村野佑太監督が登壇した。

 原作から約30年の歳月が流れた2020年の北海道を舞台に、新たな「7日間戦争」が描かれる。全国201スクリーンで封切り。北村は「アフレコは“2日間”戦争でしたが、その分濃い時間だった」と映画の封切りに喜びを示し、「時代が移り変わっても、バトンを受け継ぐことができて良かった。30年後、また新しい形の『ぼくらの7日間戦争』が作られたら、また出演したい」と宮沢に対し最敬礼だった。

 北村の発言を受けて、芳根は「もしそのとき(30年後)が来たら、私も便乗させてください」と瞳を輝かせ、村野監督は「どこに出しても恥ずかしくない作品に仕上がった。子どもたちの環境がガラッと変わり、悩みの種類も変わってきた。一方で、子どもたちが元来もつ頑固さは変わっていない」と話していた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >