楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/14 18:23

成田凌、「カツベン!」と歩んだ616日を口上で披露「なかなかの声出ていた」

 [映画.com ニュース] 周防正行監督の5年ぶりの新作「カツベン!」の公開記念舞台挨拶が12月14日、東京・丸の内TOEI1で行われた。周防監督と出演の成田凌、黒島結菜、永瀬正敏、高良健吾、竹中直人、井上真央、竹野内豊の主要キャストが顔をそろえた。

 開始と同時に会場が暗転し、主演に抜てきされた成田のオーディション風景、活動弁士の特訓に明け暮れる日々、撮影での様子など、この日までの616日をまとめたダイジェストを上映。終了すると成田が現れ、「厳寒の季節、神羅万象、白い吐息を漏らす折から、にぎにぎしきご来館をたまわりまして、厚く厚く御礼申し上げます。私自身、片時たりとも『カツベン!』を忘れたことはございません」と、その思いを約3分にわたる口上に込め、登壇者を紹介して迎え入れた。

 見事な弁士ぶりで観客から盛大な拍手を浴び、「こんなに緊張した舞台挨拶は初めて。皆さんに背中を押されて、なかなかの声が出ていたかな。昨日は鼻水とせきが止まらなかったけれど、朝起きたらピタッと止まっていた。これがカツベン、主演の力」と安どの表情。周防監督は、「オーディションで会った時、まさか舞台挨拶で口上をさせることになるとは…。すごいことを強いてしまった」と恐縮しながら語った。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >