楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/16 11:00

スティーブン・キング「ダーク・ハーフ」が再映画化

ジョージ・A・ロメロ監督が一度映画化 写真:Album/アフロ
ジョージ・A・ロメロ監督が一度映画化 写真:Album/アフロ

 [映画.com ニュース] 米作家スティーブン・キングの1989年のベストセラー小説「ダーク・ハーフ」が映画化されることがわかった。米Deadlineによれば、米MGMが製作、アレックス・ロス・ペリーが監督・脚色を手がける。

 「ダーク・ハーフ」は1993年にMGM製作、ジョージ・A・ロメロ監督で映画化されている。原作は、売れない純文学作家サド・ボーモントには、人気バイオレンス作家ジョージ・スタークという別の顔があり、サドがジョージの名義を封印したところ、周りで次々と猟奇殺人が発生するというホラー。キング自身も、かつてリチャード・バックマンのペンネームでより暴力的な内容の作品を出版していたことで知られる。

 ペリー監督は、脚本・製作も手がけた2018年の映画「Her Smell(原題)」で依存症に苦しむ自己破壊的なパンクロッカー(エリザベス・モス)を描き、注目を集めた。



【関連ニュース】
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >