楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/16 12:00

佐藤大樹×橋本環奈が“ナイーブ&ドS”の高校生作家に! 「小説の神様」実写映画化

原作は相沢沙呼氏の人気小説 (C)2020「小説の神様」製作委員会
原作は相沢沙呼氏の人気小説 (C)2020「小説の神様」製作委員会

 [映画.com ニュース] 佐藤大樹(「EXILE/FANTASTICS」)と橋本環奈が、相沢沙呼氏の人気小説を実写映画化する「小説の神様」にダブル主演することがわかった。「HiGH&LOW」シリーズや500本以上のMVを世に送り出した久保茂昭監督がメガホンをとり、2020年5月22日に全国公開される。

 著者の相沢氏は、最新作「medium 霊媒探偵城塚翡翠」で「このミステリーがすごい! 2020年版」 「2020本格ミステリ・ベスト10」で第1位を受賞するという快挙を遂げたばかりの気鋭の作家だ。講談社タイガレーベルの「小説の神様」は、夢を見失い自身の才能と現実のギャップに悩み、傷つきながらも挑戦していく登場人物の姿がダイレクトに心に響く物語として、SNS、書店員の間で話題に。1年間で7刷が決まるほど人気を集めていた。

 物語の中心となるのは、中学生で作家デビューを果たしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない“ナイーブな高校生小説家・千谷一也(佐藤)と、同じクラスの人気者でヒット作を連発する“ドSな高校生小説家”小余綾詩凪(橋本)。性格、クラスでのポジション、売れている、売れていない――すべてが真逆の2人に、編集者からミッションがくだされる。それは2人で協力して“ひとつの物語”を作り上げ、世の中の人の心を大きく動かすベストセラーを生み出すことだった。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >