楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/16 21:00

J・J・エイブラムス監督、スカイウォーカー・サーガの幕を引く重責と覚悟とは

来日を果たしたJ・J・エイブラムス監督
来日を果たしたJ・J・エイブラムス監督

 [映画.com ニュース] 世界的人気SFシリーズの最新作「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」のJ・J・エイブラムス監督が来日。当初企画開発を進めていたコリン・トレボロウ監督の降板で、一から脚本を練り直し、監督・製作を一手に担ったエイブラムス監督が、その重責と覚悟について語った。(取材・文・写真/編集部)

――当初監督・脚本を手掛けていたトレボロウ、デレク・コノリーが降板した段階で、脚本はどの程度仕上がっていたのでしょうか? あなたと共同で脚本を担当したクリス・テリオ以外にも、トレボロウとコノリーが原案としてクレジットされています。

 彼らはすでに何稿も書いていたけれど、我々は白紙の状態でスタートしました。初期に携わった脚本家をサポートするのが脚本家組合の方針ですし、私も同じ脚本家としてそれが正しいと思っています。彼らの名前を(クレジットに)きちんと残したいのです。

――42年にわたるサーガを終わらせるにあたり、これまでのインタビューや会見で繰り返し「責任」という言葉を口にされています。決定的に結末を見つけたという瞬間はありましたか?

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >