楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/17 18:25

大沢たかお、2年の休業経て主演した「AI崩壊」は「俳優生命をかけてぶつかった」

 [映画.com ニュース] 俳優の大沢たかおが12月17日、都内で行われた主演作「AI崩壊」の完成報告会見に出席。約2年の休業を経て、本作に主演し「メーターが振り切った作品だけをやると決めて戻ってきた。ロマンとエネルギーにあふれた作品で、俳優生命をかけてぶつかった」と並々ならぬ決意を語った。

 2030年の日本を舞台に、暴走したAIが生きる価値のない人間を選別して殺害していく恐怖を描いた近未来サスペンス。大沢は医療AI「のぞみ」の開発者であり、AI暴走後には身に覚えのないテロ容疑で追われる天才科学者の桐生浩介を演じ、「近い将来に遭遇するクライシスが、専門家の監修のもと、しっかり脚本に落とし込まれていて、演じながら怖さを感じた」と振り返った。

 張り巡らされたAIの包囲網から逃れる役どころで、「スタントさんを用意してくれるのかと思ったら『自分でやれ』と(笑)。3週間ずっと走っていましたね。大変じゃないシーンはなくて、ちゃんと生きて帰れるのかなと思った」。大規模なプロジェクトに身を投じたが、「ハリウッド風の日本映画ではなく、日本映画としての大作じゃなければいけない。僕はトム・クルーズじゃないので(笑)、等身大で見てもらえる主人公を意識した。きっとご覧になる皆さんにも、同じ目線楽しんでもらえるのでは」とアピールした。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >