楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/18 10:00

デニス・ホッパーに40年以上寄り添った男の視点で、天才の実像に迫るドキュメンタリー予告編

 [映画.com ニュース]「イージー★ライダー」で知られる俳優・監督のデニス・ホッパーを約40年にわたり支えた男の視点で、ホッパーの激動の半生をひも解くドキュメンタリー「デニス・ホッパー 狂気の旅路」。本作監督のニック・エベリングが自ら編集した予告編が公開された。

 1969年に発表した初監督作「イージー★ライダー」の成功により一躍時代の寵児となったホッパーだったが、71年に手がけた監督第2作「ラストムービー」は一転、難解な内容のために理解されず、絶望したホッパーは酒やドラッグなどにおぼれていく。家庭生活も仕事も破綻したホッパーだったが、70年代後半から80年代以降、徐々にキャリア復活の兆しが見え始める。

 映画は、ホッパーの大ファンというエベリング監督が、約40年にわたりホッパーの右腕だった男サティヤ・デ・ラ・マニトウを中心に、ビム・ベンダース、デビッド・リンチ、画家であり映画監督のジュリアン・シュナーベル、美術作家のエド・ルシェホッパーらのほか、家族、友人、知人などの証言を集めて収録。美術コレクターとしても知られるホッパーの所有作品、建築家のフランク・ゲーリーが設計した自宅などの未公開映像を交え、ホッパーの半生をひも解いていく。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >