楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/18 11:00

「デューン」リブート版は「最高にクール」 オスカー・アイザックが太鼓判

オスカー・アイザック Photo by Jun Sato/WireImage/Getty Images
オスカー・アイザック Photo by Jun Sato/WireImage/Getty Images

 [映画.com ニュース] 世界的人気SFシリーズ最新作「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」の公開を目前に控え、プロモーション活動に多忙なオスカー・アイザックが米Colliderの取材に応じ、現在ポスプロ作業真っ只中のリブート版「デューン」について語った。

 米レジェンダリー・ピクチャーズ製作、米ワーナー・ブラザース配給による同作は、SF作家フランク・ハーバートの小説「デューン 砂の惑星」シリーズを、「メッセージ」「ブレードランナー2049」のドゥニ・ビルヌーブ監督が再映画化する注目作。

 原作は、デューンと呼ばれる砂に覆われた惑星アラキスを舞台に、抗老化作用を持つ香料メランジを巡る戦いと権力闘争を描く壮大な叙事詩で、1984年にはデビッド・リンチ監督が「砂の惑星」として映画化している。

 主人公ポール・アトレイデス役のティモシー・シャラメを筆頭に、レベッカ・ファーガソン、デイブ・バウティスタ、ステラン・スカルスガルド、シャーロット・ランプリング、ハビエル・バルデム、ジェイソン・モモア、ゼンデイヤら豪華キャストが結集した同作で、主人公の父親レト・アトレイデス公爵を演じるアイザックは、「フランク・ハーバートによる原作小説のトーンを、スクリーンで忠実に再現するのに、ドゥニほど適した監督はいない」と断言する。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >