楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/18 17:01

【日本最速レビュー】「スカイウォーカーの夜明け」は“亡き者たち”に捧げるピリオドだった

(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 大ヒットSFシリーズの最新作「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」が“42年間の歴史”に終止符を打つ瞬間まで、残りわずかとなった。映画.comは、12月20日の日米同時公開に先駆け、いち早く本編を鑑賞する機会に恵まれた。J・J・エイブラムス監督が重責と覚悟をもって打ち出したピリオド――2時間22分の長大な旅を終えて会場の外へ出ると、“同乗者たち”がたむろし、興奮気味に感想を語り合っている。筆者と同じく、満ち足りている表情を浮かべた人が多数を占めていたように思えた。

 鑑賞後、エイブラムス監督の“ある言葉”を思い返した。それは、映画.comが敢行した主人公レイ役のデイジー・リドリーのインタビューで、彼女が代弁する形で明かしたもの。「レイとカイロ・レンは陰陽の関係です。どんな闇にも少しの光があり、どんな光にも少しの闇がある。だからこそ、お互いに自分のもうひとつの側面を象徴している人物にひかれるのです」(リドリー)。この発言は、本作の根幹をしっかりとらえていたのだ。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >