楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/18 20:43

高橋一生「いつ恋人できるんですかね」とぼやき 蒼井優との芝居&濡れ場は「ジャグリングみたい」

「リリイ・シュシュのすべて」以来、約18年ぶりの共演となった高橋一生と蒼井優
「リリイ・シュシュのすべて」以来、約18年ぶりの共演となった高橋一生と蒼井優

 [映画.com ニュース] 高橋一生と蒼井優が夫婦を演じる「ロマンスドール」の完成披露試写会が12月18日、東京・新宿バルト9で行われ、ふたりをはじめ、共演した三浦透子、きたろう、メガホンをとったタナダユキ監督が登壇した。

 「百万円と苦虫女」のタナダ監督が2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載した同名小説を、自らのメガホン、脚本で映画化。美人で気立てのいい園子(蒼井)にひと目惚れして結婚した哲雄(高橋)は、自らの仕事を妻にずっと隠し続けていた。それは、ラブドール職人としてドールを作っていること。平穏に過ぎていく日常のなか、仕事にのめりこむ哲雄は、恋焦がれて結婚したはずの園子と次第にセックスレスになってしまう。夫婦の危機が迫るなか、園子は胸の内に秘めていたある秘密を打ち明ける。

 岩井俊二監督作「リリイ・シュシュのすべて」以来、約18年ぶりの共演となった高橋と蒼井。高橋は「蒼井さんとはずっとご一緒したいと思っていたので、まさか夫婦役を演じることになるとは思わず……。『リリイ・シュシュ』の時は蒼井さんが14歳、僕は20歳を過ぎていたので、現場で一緒に遊ぶって言っても遊び方が違いましたね」と懐かしそうに振り返る。蒼井は「一生さんは、初めての現場で何も知らない状態の私を知ってらっしゃる。私にとって『リリイ・シュシュ』の現場でご一緒した方は地元の知り合いみたいな感覚で、勝手に親近感を持っているんです。普段一生くんって呼ばせて頂いているんですけど、途中で『すごい先輩だ』って気付いて……。14歳の頃の無礼さを今も持ちつつ、恐る恐る一生くんって呼んでます(笑)」と打ち明けると、高橋は「いや、地元の雰囲気で嬉しかったですよ。僕は地元の覇気のないお兄さんみたいな感じだったので(笑)」と返し、思い出話に花を咲かせていた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >