楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/19 12:00

今泉力哉監督、中川駿監督を輩出した映画学校主催のインディーズ映画祭誕生! 20年2月開催

新宿のK's cinemaで2020年2月15~21日に開催される「ニューシネマウィーク東京2020」
新宿のK's cinemaで2020年2月15~21日に開催される「ニューシネマウィーク東京2020」

 [映画.com ニュース] 選りすぐりの優れたインディーズ作品を上映する映画祭「ニューシネマウィーク東京2020」が誕生し、2020年2月15~21日に開催されることがわかった。観客の投票によって最優秀賞にあたる観客賞が決定する、参加型の映画祭だ。

 「愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」の今泉力哉監督、「カランコエの花」の中川駿監督ら日本映画界の最前線で活躍するクリエイターを数多く輩出している映画学校「ニューシネマワークショップ」。本映画祭では、日本のインディーズ映画を40年以上にわたり見続けてきた同校主宰の武藤起一氏がディレクターを務め、商業映画に引けをとらない映像センスとクオリティをもった作品を選出した。

 映画祭のメイン部門「ニューシネマセレクション」では、最新のインディーズ作品(上映時間50分未満のもの)10本を上映。最終日のクロージングセレモニーでは、観客の投票によって選ばれる観客賞を発表し、受賞監督には賞金10万円が贈呈される。そのほか、ワールドプレミアとなる「トンカカトン」をはじめ、「愛うつつ」「されど青春の端くれ」という20年の劇場公開が予定されている長編3本を披露する「プレミアムナイト」や、東日本大震災の津波で長女を失った家族が新たな一歩を踏み出そうとする姿を描いた吉野竜平監督作「ミゾロギミツキを探して」のアンコール上映、ゲストを迎えたトークショーなど、様々な企画が予定されている。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >