楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/19 16:00

アニメーション制作に必要な“3箇条”とは? 「ヒックとドラゴン」監督が明かす

(C)2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
(C)2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] ドリームワークス・アニメーションが放つ人気シリーズの最新作「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」がいよいよ日本上陸を果たす。大人もグッとくるエモーショナルな物語、大迫力の映像で世界中を魅了してきた同シリーズ。3部作すべてを手掛けたディーン・デュボア監督がこれまでの道のりを振り返り、ヒックが経験した“喪失と成長”の関係性、そしてアニメーション制作の現場で壮大なプロジェクトを率いるために大切な“3箇条”について語った。(取材・文/成田おり枝)

 クレシッダ・コーウェルの同名児童文学を原作に、バイキングの少年ヒックとドラゴンのトゥースの友情と成長を描く同シリーズ。前作で共存の道を選んだ人間とドラゴンだが、最新作では、ドラゴンが増え続けて定員オーバーとなったバーク島を旅立ち、バイキングとドラゴンたちが新天地を探し求めるさまが描かれる。

 弱虫だったヒックは島の若きリーダーに。尾翼を失い自力では翔ぶことができないトゥースは“伝説のドラゴン”となって登場するなど、出会いを通してそれぞれが成長を遂げてきた。「リロ&スティッチ」でも知られるデュボア監督は「僕は小さな頃から、違う環境にある者が出会って、友情が芽生えて、それぞれの人生に影響を及ぼしていくという物語が大好きなんだ」とシリーズの根幹には、自らがワクワクする要素を詰め込んだそう。「『E.T.』や『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』、『ロスト・イン・トランスレーション』なんかもそうだよね」と大好きな映画をあげつつ、「そういったストーリーは魅力的でもあるし、そこには真実があると思うんだ」とニッコリ。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >