楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/19 17:00

簡単にモンスターは見極められない――「テッド・バンディ」監督が明かす、映画化の理由

 [映画.com ニュース] ザック・エフロンが連続殺人犯を演じた映画「テッド・バンディ」のジョー・バーリンジャー監督がこのほど来日を果たし、映画.comの取材に応じた。“シリアルキラー”の語源になった稀代の殺人鬼テッド・バンディの実話を、彼を愛してしまった女性目線で描く。バンディのドキュメンタリーも手掛け、「彼はとても恐ろしい人物」と語るバーリンジャー監督が、本作に込めた思いを明かした。

 1970年代のアメリカで30人以上の女性を惨殺したとされ、“極めて邪悪、衝撃的に凶悪で卑劣”として断罪されたバンディについて、バーリンジャー監督は「とても恐ろしい。ここでは口にできないようなことをして、周りの人を欺いた人物だと思う。でも、だからといって、彼を普通の人間とは違う存在として見てしまうのは間違いだと思っている」と話し、その理由を以下のように述べる。

 「なぜかというと、この作品では『信頼している人が加害者の場合もある』ということを伝えたかったんだ。邪悪なことをする人物をモンスターだと思いたい気持ちもあるけれど、簡単にモンスターを見極められると思ってしまうと、そういう人を自分は避けられると偽の安心感を抱いてしまうかもしれない。バンディの事件に僕が惹きつけられたのは、そういう側面なんだ。人殺しをしていない時間も、彼は人生を生きていた」

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >