楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/20 16:00

二組の夫婦の大人の恋「冬時間のパリ」 アサイヤス監督「世間が持つ婚外恋愛観の逆を描いた」

(C)CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME
(C)CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME

 オリビエ・アサイヤス監督の最新作で、ジュリエット・ビノシュ、ギョーム・カネ、バンサン・マケーニュらフランスの名優が共演、秘密を持つ二組の夫婦が愛の行方や幸せを模索していく姿を、洗練されたウィットに富む会話で綴る「冬時間のパリ」が公開された。現実世界ではヘビーになりがちな題材を、人生のスパイスと言わんばかりに、軽やかな大人の恋愛映画に昇華させたアサイヤス監督。本作では、登場人物たちの人間らしい心の揺れとともに、現代社会とデジタル化についての関係も描かれている。来日した監督に話を聞いた。

--近作でもガジェットを巧みに用い、デジタルやインターネットの影響を受ける現代社会を描かれました。今回、デジタル書籍と婚外恋愛というテーマを結びつけ、スーパー16で撮影された理由を教えてください。

 前作「パーソナル・ショッパー」はネットの映像から人間関係を追及していく作品。ネットによって人間のイメージが作り出され、デジタルというのはそういった延長線上にあることを描きました。今作は、そういった世界ではなく、デジタル革命がもたらした人間関係や、これまで普遍だと思っていた価値を揺さぶるような変化について語ることに私は興味がありました。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >