楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/20 19:00

「ぎぼむす」「記憶屋 あなたを忘れない」平川雄一朗監督が人の“絆”を描く理由は?

記憶をめぐる愛の物語 (C)2020「記憶屋」製作委員会
記憶をめぐる愛の物語 (C)2020「記憶屋」製作委員会

 [映画.com ニュース] 第22回日本ホラー小説大賞(読者賞)を受賞した織守きょうや氏の小説を映画化した「記憶屋 あなたを忘れない」。メガホンをとった平川雄一朗監督は、映画「ツナグ」やTBSドラマ「義母と娘のブルース」など、これまでも数多くのエモーショナルな人間ドラマを描き続けてきたが、人々の“絆”を描く意外な理由を明かした。

 「Hey! Say! JUMP」の山田涼介が主演を務める「記憶屋 あなたを忘れない」は、人の記憶を消せる“記憶屋”をめぐる物語。大学生の遼一(山田)は年上の恋人・杏子にプロポーズするが、数日後に再会した彼女は、遼一の記憶だけを失っていた。人の記憶を消せるという都市伝説的な存在「記憶屋」探しに奔走する遼一は、やがて切ない真実を知る。

 TBSドラマ「JIN-仁-」「とんび」「天皇の料理番」などで知られる平川監督は、絆を題材にしてきた理由について「自分にない“人を思う気持ち”を求めてしまうんです(笑)。やっぱり、自分に足りていないものを映画で見ていただきたいし、希望を持っていただきたいんです。私は普段人を疑いがちなんですよ。だから、映画を通してそうではない世界や、そうじゃないんだよって夢を描きたいんです」と告白。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >