楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/22 12:00

片渕須直監督&のん、「この世界の片隅に」から3年を経て「全てがつながった」

 [映画.com ニュース] 2016年11月12日に公開された劇場アニメ「この世界の片隅に」。片渕須直監督が、こうの史代氏の同名漫画を映像化した同作は、公開から1日も途絶えることなく3年以上もロングラン上映を記録した。最終的に1133日にもわたって作品が各地の映画館をめぐったように、片渕監督、主人公すずを演じた女優のんも歩みを止めることはなかった。片渕監督は取材とアニメーション制作を続け、のんは多数の作品に出演しながらも心の片隅には「離れたところにいても、すずさんは同志」という思いがあり、それぞれの場所から作品に寄り添ってきた。

 そして「この世界の片隅に」公開から3年、250カットを超える新場面を追加した「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が完成。片渕監督が、「前作で描いた戦時中の時代が、皆さんから自分たちに隣り合わせなものとして受け止めてもらえるようになったからこそ、今作ではすずさん個人の心の物語にまで踏み込んでいけるようになった」と噛みしめる通り、のんが「さらに意味深いものになった」と熱弁する通り、前作からの“歩み”には意味があった。「この世界の片隅に」アニメ化企画が始動した2010年からはじまった“すずさんとの縁”は、“さらにいくつもの場所”へと広がっていく――。(取材・文/編集部、写真/堀弥生)

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >