楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/23 09:00

音を立てたら、“超”即死――「クワイエット・プレイス」続編、20年5月日本公開決定

邦題は「クワイエット・プレイス PART II」に (C) 2019 Paramount Pictures. All rights reserved.
邦題は「クワイエット・プレイス PART II」に (C) 2019 Paramount Pictures. All rights reserved.

 [映画.com ニュース] 全米累計興収1億8800万ドルを突破した「クワイエット・プレイス」の続編「A Quiet Place Part II」が、「クワイエット・プレイス PART II」の邦題で、2020年5月に日本公開されることが決定した。

 「クワイエット・プレイス」は、音に反応し人間を襲う“何か”によって荒廃した世界が舞台のサバイバルホラー。米映画批評サイト「Rottentomatoes」では満足度95%、「IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」「ドクター・スリープ」の原作者スティーブン・キング、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラット、「デッドプール」のライアン・レイノルズがこぞってSNS上で作品を絶賛するなど、著名人からの口コミが殺到した。

 生き残った家族・アボット家に新たな脅威が待ち受ける続編は、「音を立てたら、“超”即死」という世界観にスケールアップ。「クワイエット・プレイス」同様、母親エヴリン役をエミリー・ブラントが演じ、役柄と同じ聴覚障害を持つミリセント・シモンズが娘・リーガン役、「フォードvsフェラーリ」にも出演したノア・ジュプが息子・マーカス役で続投。前作で夫リー役&監督をつとめたジョン・クラシンスキーが、再びメガホンをとっている。

 また、「ダークナイト ライジング」「ダンケルク」のキリアン・マーフィ、「ブラッド・ダイヤモンド」「キャプテン・マーベル」のジャイモン・フンスーが、新キャストとして参加している。

 「クワイエット・プレイス PART II」は、20年5月に全国公開。



【関連ニュース】
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >