楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/23 11:00

アカデミー賞作品賞候補は全344本

「アイリッシュマン」も作品賞候補に (C)Netflix
「アイリッシュマン」も作品賞候補に (C)Netflix

 [映画.com ニュース] アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは、2019年のアカデミー賞作品賞候補作品が344本になったことを明らかにした。

 アカデミー賞作品賞の対象になるためには、1月1日から12月31日までのあいだに米ロサンゼルス郡の映画館で7日間連続で商業上映を行う必要がある。長編映画は40分以上の尺が必要で、劇場以外で先行公開された作品は対象外となる。

 344本のなかには「アベンジャーズ エンドゲーム」「ジョーカー」「ジュマンジ ネクスト・レベル」といった大ヒット映画から、賞レースで注目を集めている「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」「ジョジョ・ラビット」「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」「ロケットマン」「1917 命をかけた伝令」「フォード VS フェラーリ」「パラサイト 半地下の家族」なども含まれている。

 ストリーミング勢の作品も多く、Netflixは「アイリッシュマン」「マリッジ・ストーリー」「2人のローマ教皇」「6アンダーグラウンド」、Amazonは「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」「Sebarg(原題)」「Honey Boy(原題)」などのオリジナル作品がエントリーしている。

 第91回アカデミー賞のノミネート発表は2020年1月13日、授賞式は2月9日に米ハリウッドのコダックシアターで行われる。



【関連ニュース】
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >