楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/23 18:26

【国内映画ランキング】「スター・ウォーズ」19年に公開された実写映画の3日間オープニング記録樹立!

公開3日間で興行収入15億円を突破 (C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
公開3日間で興行収入15億円を突破 (C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 12月21日~22日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。お正月映画の大本命の一本、「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」が20日より全国962スクリーンで公開され、期待通り首位スタートを切った。

 「スター・ウォーズ」サーガのエピソード9にあたり、1977年のシリーズ1作目から計9作品を通して語られてきたスカイウォーカー家の物語の完結編。土日2日間で動員67万1000人、興収10億3700万円を稼ぎ出した。これは17年12月に公開され、最終興収75.1億円を記録した前作「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」の興収比92.1%の成績。だが、前夜祭上映を含めた公開3日間では動員101万8851人、興収15億7046万円をあげ、今年公開された実写映画の3日間オープニング記録を樹立した。シリーズの熱狂的なファンはもちろん、20代から30代の女性客やカップル、さらに新スター・ウォーズ世代と言われる中高生や子どもを連れたファミリーと、老若男女問わず幅広い層が劇場に詰めかけている。前作を超え、100億円を突破し、シリーズ史上最高の最終興収を記録できるか注目だ。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >