楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/25 00:00

中村倫也、1人7役で見せる七色の魅力!「水曜日が消えた」20年5月公開&特報完成

中村倫也の巧みな演じ分けが楽しめる特報&ウェブ限定ティザービジュアル (C)2020『水曜日が消えた』製作委員会
中村倫也の巧みな演じ分けが楽しめる特報&ウェブ限定ティザービジュアル (C)2020『水曜日が消えた』製作委員会

 [映画.com ニュース]中村倫也が、曜日ごとに入れ替わる7人の主人公を演じる「水曜日が消えた」が2020年5月に公開されることが決定し、超特報とウェブ限定ティザービジュアルがお披露目された。映像では中村が演じ分けた、個性豊かな7人の“僕”それぞれの魅力を楽しむことができる。

 物語の主人公は、ひとりの人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている7人の“僕”。最も地味でつまらない人物、通称“火曜日”の視点でストーリーが紡がれていく。「日経トレンディ」(日経BP社)が選ぶ“2019年の顔”に選出され、ドラマ「凪のお暇」や映画「屍人荘の殺人」「影裏」に出演するなど引っ張りだこの中村が、1人7役に挑戦。次の時代を担う気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選ばれた吉野耕平監督が本作で長編映画デビューを果たし、オリジナル脚本とVFXを手掛けた。

 超特報では、ウッドベースを演奏したり、図書館に出かけたり、ドライブしたりと、それぞれの僕がひとつの体を共有する奇妙な生活が切り取られる。視線や表情を巧みに変化させる、中村の演じ分けにも注目。しかし、叫び声が響いたかと思うと雰囲気は一変し、「何これ……」と呆気にとられる僕と、「僕たちの終わりが始まる」という意味深なテロップが映し出される。

 ティザービジュアルには、ファッションも髪型も違う“僕たち”を活写。“水曜日”と思われる部分が、その不在を意味するように、黒く塗りつぶされている謎めいた仕上がりとなった。

 「水曜日が消えた」は、20年5月に全国公開。



【関連ニュース】
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >