楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/25 06:00

河瀬直美監督の特集上映が開催 五輪公式映画への思いも語る

河瀬直美監督の初期作から「Vision」までを紹介 photo by Dodo Arata
河瀬直美監督の初期作から「Vision」までを紹介 photo by Dodo Arata

 [映画.com ニュース] 長編第1作「萌の朱雀」(1997)でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞、その後国内外で高い評価を集める河瀬直美監督の初期短編作から「Vision」(2018)まで、31本を紹介する特集上映「映画監督 河瀬直美」が、東京・国立映画アーカイブで開催中だ。上映作品の多くは現存する原版から最良のフィルム、デジタル素材を作成し、「光」はバリアフリー上映、「2つ目の窓」では多言語(英・中・韓)字幕つき上映を実施。東京2020オリンピック競技大会の公式映画を手掛けることでも話題を集める河瀬監督に話を聞いた。

--昨年11月にパリのポンピドゥ・センターで行われた特集上映に続く、大規模な企画ですね。

 去年のパリの上映と同規模で国内では初。オリンピックの公式映画を監督する前に、こういった形で河瀬直美という作家を見ていただける機会があるということは、タイミングとしてすごく良かったな、ありがたいことだと思っています。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >