楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/25 08:00

ポン・ジュノ「パラサイト 半地下の家族」に込めた“寄生”の真意 「殺人の追憶」の“結末”にも言及

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 韓国初の映画「義理的仇討」が産声をあげたのは、1919年のこと。つまり、2019年は“韓国映画100周年”というアニバーサリーイヤーとなった。その記念すべき年に、韓国映画界に初めてカンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールをもたらした「パラサイト 半地下の家族」が、12月27日から先行公開(東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪・TOHOシネマズ梅田の2館限定)を迎える。11月上旬に来日を果たしたポン・ジュノ監督に話を聞くと、製作の始まり、撮影の裏側を語り、ある“事件の顛末”にも言及してくれた。(取材・文/編集部)

 全員失業中、“半地下”住宅で暮らす貧しいキム(ソン・ガンホ)一家の長男が、IT企業を経営する超裕福なパク社長(イ・ソンギュン)一家の家庭教師になったことから、想像を遥かに超える悲喜劇が展開する。マスコミ向けの試写会に参加してみると、共通の現象に気づく。序盤から中盤にかけて場内に響き渡るのは、かつてないほどの“笑い声”だ。しかし、ある時点から様相は一変する。喜劇は悲劇へと加速していき、観客は息を呑み、会場は静けさで覆いつくされる。最大音量を示したボリュームのつまみを、徐々に捻っていき、最後には“無音”へ――このようなイメージを想像してほしい。「“19年内に見た”という括りでいえば、ダントツの1位」「むしろ20年公開作品だとしても、既にトップ」「オールタイムベストに入る」といった感想も飛び込んできた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >