楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/26 12:00

瀧本美織&津田寛治&青木崇高「HOKUSAI」参戦! “北斎ブルー”の大波が躍るティザービジュアルも

豪華キャスト陣の眼差しをおさめたキャラクタービジュアル (C)2020 HOKUSAI MOVIE
豪華キャスト陣の眼差しをおさめたキャラクタービジュアル (C)2020 HOKUSAI MOVIE

 [映画.com ニュース]柳楽優弥と田中泯が世界的アーティスト・葛飾北斎役でダブル主演を務める映画「HOKUSAI」に、瀧本美織、津田寛治、青木崇高らが出演していることがわかった。あわせて、北斎の代表作として知られ、海外では“THE GREAT WAVE”の呼称で愛される「富嶽三十六景」の一図「神奈川沖浪裏」を大胆に使用したティザービジュアルもお披露目された。

 19世紀のヨーロッパでジャポニズムブームを巻き起こし、マネ、モネ、ゴッホ、ゴーギャン、ドビュッシーら歴史に名を残す芸術家たちに影響を与え、西洋近代絵画の源流となった北斎。米ライフ誌の「この1000年で偉大な功績を残した100人」に、日本人として唯一選ばれている。生誕260周年を迎える2020年、橋本一監督(「探偵はBARにいる」シリーズ)がメガホンをとり、今もなお謎に包まれている北斎の生涯に迫る「HOKUSAI」が公開される。

 物語の舞台は、町人文化が華やぐ江戸の町。日の目を見ない貧乏絵師・勝川春朗(後の北斎)は傍若無人な振る舞いが災いして師匠から破門され、食べることもままならない日々を送っていた。ある日、北斎は喜多川歌麿や東洲斎写楽を世に出した稀代の版元・蔦屋重三郎と出会う。秘めた才能を見抜いた重三郎の後押しで、北斎は才能を開花させ、誰にも真似できない革新的な絵を次々と打ち出し、一躍人気絵師へと変ぼう。しかし、奇想天外な世界観で江戸を席巻した北斎の活躍は、幕府の思わぬ反感を招いてしまう。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >