楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/28 14:00

ロサンゼルス・タイムズ紙が選ぶ2019年の小説原作映画8本

「アイリッシュマン」の一場面 (C)Netflix
「アイリッシュマン」の一場面 (C)Netflix

 [映画.com ニュース]世界的ベストセラーから古典まで毎年小説を原作にした映画が数多く製作されるなか、米ロサンゼルス・タイムズ紙が、2019~20年公開の小説を原作とした映画ベスト8本を選出した。

 原作本をすでに読んだという人も未読の人も、このリストを参考に映画と原作本を比較してみてはいかがだろうか。

▼「黒い司法 0%からの奇跡」(デスティン・ダニエル・クレットン監督)

 原作:米アラバマ州を拠点に、えん罪で服役中の人々を解放するため日々闘う人権弁護士のブライアン・スティーブンソンが、自身の体験をもとにアメリカ司法制度における不正にメスを入れた、2014年出版のノンフィクション本「Just Mercy: A Story of Redemption and Justice(原題)」。

 映画:スティーブンソンが弁護を担当したなかで最大の注目を集めた「ウォルター・マクミリアン裁判」に焦点を絞り、白人女性を殺害したとして、無実であるにもかかわらず死刑を宣告された黒人の被告(ジェイミー・フォックス)と、様々な差別と不正に阻まれながらも、無罪を勝ち取るべく奮闘する弁護士スティーブンソン(マイケル・B・ジョーダン)が織りなす物語を紡ぐ。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >