楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/28 16:00

ジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2019年の映画ベスト10

ギャスパー・ノエ監督「CLIMAX クライマックス」が1位
ギャスパー・ノエ監督「CLIMAX クライマックス」が1位

 [映画.com ニュース]「ピンク・フラミンゴ」や「ヘアスプレー」などで知られるカルト作家のジョン・ウォーターズ監督が、2019年の映画ベストテンを米Artformに発表した。

 トップに選んだのは、「アレックス」「LOVE 3D」といった衝撃作を手がけてきたフランスの鬼才ギャスパー・ノエが、ドラッグと酒でトランス状態になったダンサーたちの狂乱の一夜を描いた「CLIMAX クライマックス」。ウォーターズ監督は「今年のベスト映画は、“バッドトリップ”を新解釈した作品。狂乱のダンスミュージックとLSD、神経衰弱、幼少時代のトラウマが組み合わさったこのイカれたドラマは、『赤い靴』と『Hallucination Generation』(LSDに傾倒する少年を描いた66年の映画)を掛け合わせたようだ」と評している。

 2位は、ブリュノ・デュモン監督の「Joan of Arc」。これはウォーターズ監督が昨年のベスト映画に選んだデュモン監督作「ジャネット、ジャンヌ・ダルクの幼年期」の続編で、2019年のカンヌ国際映画祭ある視点部門で上映された。ウォーターズ監督は「神は存在する、その名はブリュノ・デュモンだ」と語り、主演した子役リーズ・ルプラ・プリュドムのことも絶賛している。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >