楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/29 08:00

北海道・函館で菅原和博氏がたどる数奇な映画人生

エキストラも買って出た「海炭市叙景」
エキストラも買って出た「海炭市叙景」

 北海道・函館の市民映画館シネマアイリスで代表を務める菅原和博氏は、これまでに「海炭市叙景」(2010/熊切和嘉監督)、「そこのみにて光輝く」(14/呉美保監督)、「オーバー・フェンス」(16/山下敦弘監督)、「きみの鳥はうたえる」(18/三宅唱監督)と4本の映画を手がけ、発表してきた。その全てが、夭折の作家・佐藤泰志氏の小説が原作。映画館を運営する菅原氏が、なぜ映画を作ろうとしたのか、函館市内で話を聞いた。(取材・文・写真/編集部)

 函館で暮らす人にとって菅原氏は、シネマアイリス代表である前に喫茶店「水花月茶寮」のマスターとしての方が、馴染みが深いかもしれない。同店を開業したのは、1986年。それ以前、20代の頃は市内の別の場所でロック喫茶「キャッツ・クレイドル」を営んでいた。「当時から映画はすごく好きで、上映会を企画して長崎俊一監督の作品をかけたんだ。主演の内藤剛志さんがフィルムを持ってきてくれたりしてね。そこから市内の色々な施設で、ジプシーのように上映会活動をしましたね」。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >