楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/30 08:00

ソフト化、配信なし 自局内部を映し話題の東海テレビドキュメンタリー「さよならテレビ」が劇場公開

(C)東海テレビ放送
(C)東海テレビ放送

 2018年に東海テレビ開局60周年記念番組として放送後、“裏ビデオ”ならぬ“密造酒”として業界内でDVDが出回り、あいちトリエンナーレでも満員の観客に迎えられた「さよならテレビ」が満を持して映画化、2020年1月2日より劇場公開される。制作は「ヤクザと憲法」「人生フルーツ」など、出色のドキュメンタリーを世に送り出してきた東海テレビ。「取材対象にタブーなし」の看板に偽りなし、苦楽を共にする仲間に向けたカメラが描いたテレビの自画像とは。プロデューサー・阿武野勝彦とディレクター・土方宏史がテレビへの愛を語る。(取材・文/木村奈緒)

■ 最も難しい取材対象

土方 「ホームレス理事長」(2013制作、2014公開)の宣伝で配給会社の東風さんに来た時に「今度、社内のドキュメンタリーを撮ってくださいよ」なんて話が出て、「それはすごく面白いかもしれない」と思ったのが「さよならテレビ」に至る最初のきっかけです。そんな番組見たことないし、東海テレビのドキュメンタリーは「取材対象にタブーなし」を謳っているので、東海テレビにいるからこそやるべき内容だと思いました。ただ、自社を撮るのは一番難しいから、その時はまだ出来ないなと。それで、「ヤクザと憲法」(2015制作、2016公開)を形にした後、今がそのタイミングかなと企画を持っていきました。そしたら阿武野が「さよならテレビだなぁ」「自画像を描くようなもんだなぁ」とヒントめいたことをつぶやいて。さらに阿武野も1997、8年ごろに同じようなメディアリテラシー番組を作ろうとしたことがあると知って、これは何かの縁だと思いました。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >