楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/04 08:00

「リチャード・ジュエル」ディカプリオが演じるのを“熱望”した弁護士とは?

レオナルド・ディカプリオ Photo by Mike Windle/Getty Images
レオナルド・ディカプリオ Photo by Mike Windle/Getty Images

 [映画.com ニュース]アメリカン・スナイパー」「ミリオンダラー・ベイビー」などで知られるクリント・イーストウッド監督の最新作「リチャード・ジュエル」が、1月17日から全国公開される。プロデューサーにはレオナルド・ディカプリオが名を連ねており、もともとはサム・ロックウェルが演じた弁護士役を自身が演じることを熱望していたという。

 1996年に起きた、アトランタ爆破事件。警備員のリチャード・ジュエルは、第一発見者として数多く人々を救った英雄として報道されるが、事件からわずか3日後、第一容疑者として実名報道されたことで状況は一転。爆弾犯の汚名を着せられる。情報は瞬く間に拡散し、メディアによる連日の報道によって、ジュエルは名誉だけではなくプライバシーまでをも奪われてしまう。そんな時、ジュエルの潔白を信じる弁護士ブライアントが立ち上がる。

 本作は、「インサイダー」の原作を手掛けたマリー・ブレナーが、97年に「Vanity Fair」誌に発表した記事を基にしている。映画化権を最初に手にしたのは、ディズニー傘下となった20世紀フォックス映画とディカプリオ、そして俳優のジョナ・ヒルらだった。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >