楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/08 08:00

伝説の討論会「三島由紀夫vs東大全共闘」が映画化! ナビゲーターは東出昌大

3月20日に全国公開! (C)2020映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会
3月20日に全国公開! (C)2020映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会

 [映画.com ニュース] 東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた作家・三島由紀夫と、東大全共闘との伝説の討論会の様子を切りとったドキュメンタリー「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」が、3月20日に公開されることが決定。ナビゲーターを務めるのは、俳優の東出昌大。公開決定に伴い、三島の「私は安心している人間が嫌いなので」「言霊を私は残して去っていく」という発言を収めた特報映像とポスタービジュアルもお披露目された。

 1969年5月13日に行われた討論会には、武装化していた東大全共闘ら1000人を超える学生が結集。警視庁の警護の申し出を断り、単身で赴いた三島との討論は、2時間半にも及んだ。70年11月25日に自決する三島が、死をも覚悟して討論会に臨み、その煌めきをまざまざと見せつけた“奇跡のような時間”となった。

 討論会を収めた貴重な記録映像のフィルム原盤が倉庫から発見されたのは、19年のこと。豊島圭介監督がメガホンをとる本作は、同映像をリストアし、芥正彦(東大全共闘)、木村修(東大全共闘)、橋爪大三郎(東大全共闘)、篠原裕(楯の会1期生)、宮澤章友(楯の会1期生)、原昭弘(楯の会1期生)、椎根和(平凡パンチ編集者)、清水寛(新潮社カメラマン)、小川邦雄(TBS記者)といった関係者(肩書は当時のもの)に加え、平野啓一郎、内田樹、小熊英二、瀬戸内寂聴が出演。三島についての“生きた”証言によって、討論会の全貌を明らかにする。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >