楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/14 17:00

“爆弾犯”にされた男の真実とは? 「リチャード・ジュエル」メイキング満載の特別映像

 [映画.com ニュース] 「アメリカン・スナイパー」「ミリオンダラー・ベイビー」などで知られるクリント・イーストウッド監督の最新作「リチャード・ジュエル」の特別映像が公開された。

 1996年に起きた、アトランタ爆破事件。警備員のリチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)は、第一発見者として数多く人々を救った英雄として報道されるが、事件からわずか3日後、第一容疑者として実名報道されたことで状況は一転。名誉もプライバシーも奪われ窮地に追い込まれたとき、彼の潔白を信じる弁護士ワトソン(サム・ロックウェル)が立ち上がる。

 特別映像は、イーストウッド監督が「英雄的行動をとった男が濡れ衣を着せられた。アメリカ史に残る間違いだ」と本作について語るところから始まる。リチャードの母ボビを演じ、第92回アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされたキャシー・ベイツは「監督はアメリカの悲劇を描くこの映画を自分でも見たいと言っていたわ」とイーストウッドの思いを代弁。ボビ本人も登場し、「長年一人で苦しんできたわ。でも、今クリント・イーストウッド監督が伝えてくれる」と感謝を込めた。

 映像内にはそのほか、リチャード役のハウザー、ワトソン役のロックウェルらに演出をするイーストウッド監督の姿など、撮影の模様が収められている。

 「リチャード・ジュエル」は1月17日から全国公開。



【関連ニュース】
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >