楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/14 18:00

佐々木蔵之介が語る俳優業の醍醐味 「記憶屋」山田涼介との共演裏話も

 [映画.com ニュース] 年齢を重ねるごとにますます魅力を増し、映画、ドラマにと引っ張りだことなっている俳優・佐々木蔵之介。累計50万部を超える織守きょうや氏の小説を山田涼介主演で映画化した「記憶屋 あなたを忘れない」(1月17日公開)では、余命わずかな弁護士役という難しい役どころに見事に血を通わせている。撮影を振り返ってもらうとともに、「芝居にはその人の生き様が出てくるものだと思う」と50代を迎えて一層、実感している俳優業の醍醐味について語ってもらった。(取材・文/成田おり枝)

 ある日突然、恋人から忘れられてしまった大学生の遼一(山田)が、幼なじみの真希(芳根京子)、弁護士の高原(佐々木)とともに、人の記憶を消せるという“記憶屋”の存在を探す姿を描く本作。“記憶屋”という都市伝説的な存在を軸に、家族や恋人など大切な人を想う気持ちが浮き彫りとなる人間ドラマだ。

 「どんどん意見を言ってほしい」という平川雄一朗監督のもと、スタッフ、キャスト陣のコミュニケーションが密な現場だったそうで、「みんなでアイデアや意見を出し合うような現場。楽しかったですね」と充実のひと時を述懐。佐々木が最も気を配ったのが「ファンタジーとしての設定を、どうしたらお客さんに共感していただけるように持っていけるのか」ということだという。「“記憶屋は存在するものだ”として話が進んでいったとしたら、お客さんと距離ができてしまうと思ったんです。“記憶屋なんているわけない、でもひょっとしたら……”と客観的に見つめる存在が必要かなと。その点については、平川監督ともいろいろとお話しさせていただきました」と観客の目線を大切に、ディスカッションを重ねた。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >