楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/17 17:23

常盤貴子、8K時代劇「帰郷」で共演した仲代達矢は「やはりスクリーンがお似合い」

舞台挨拶に立った(左から)杉田成道監督、常盤貴子、緒形直人
舞台挨拶に立った(左から)杉田成道監督、常盤貴子、緒形直人

 [映画.com ニュース] 藤沢周平の短編時代小説を仲代達矢の主演で映像化した「帰郷」の初日舞台挨拶が1月17日、東京・東銀座の東劇で行われ、杉田成道監督、出演者の常盤貴子と緒形直人が出席した。

 かつて親分の罪を被り、故郷を離れた渡世人・宇之吉(仲代)は、老い先を思い故郷の木曾福島の地に30年ぶりにたどり着くが、そこで驚くべき事実を耳にする。時代劇専門チャンネルが史上初となる8K時代劇として映像化し、期間限定上映後の2月8日に放送する。

 国民的ドラマ「北の国から」シリーズの演出で知られる杉田監督が、藤沢作品を映像化するのは3作目で「人情と言いますか、人間のひだに触れる部分で、掘れば掘るほど底がある。奥深くやりがいがあるので、楽しい」と魅力を熱弁。一方、「時代劇は消えようとしている」と危機感をあらわにし、「バトンタッチしていかなければ」と決意を新たにした。

 仲代の勇姿を捉えたラストカットについては「15回くらい演じていただいた」と明かし、「羊水に帰る穏やかさなのか、未練が残る煩悶なのか。人はどう死んでいくのだろうかという問いを15パターン演じてもらい、撮影には2日間かかった」と強いこだわりを語った。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >