楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/18 11:00

近浦啓監督が「憧れの存在」と撮り上げた長編デビュー作が公開 藤竜也「脚本に気迫を感じた」

 第69回ベルリン映画祭に出品された日中仏合作映画「コンプリシティ 優しい共犯」に主演する藤竜也が、新鋭・近浦啓監督と本作について語り合った。

 近浦監督の長編デビュー作となる本作は、家族の期待を背負いながら技能実習生制度で日本にやってきたものの、不法滞在者となってしまった中国人青年チェン(ルー・ユーライ)が、異国の地でもがきながら生きていく姿を描いた人間ドラマ。藤は、主人公が身分を隠して働くことになる、山形のそば屋の職人・弘を演じている。日本公開に先駆けて、ベルリン国際映画祭、トロント国際映画祭、釜山国際映画祭などでも上映され、絶賛の声を浴びた。

 「僕にとっても憧れの存在」と語る近浦監督が2013年に発表した短編映画「Empty House」の主演も藤竜也だった。「もうただただ映画少年というか。目の前で実物の藤さんを見ることよりも、カメラのファインダーから藤竜也を覗けるということに幸せを感じていました」という近浦監督。それだけに今回の長編初監督作は「藤さんでなければこの映画を撮るつもりはなかった」と語るほどに、藤との再タッグを熱望した。だが常々、藤は「出演を受けるかどうかは脚本で決める」と公言しているだけに、近浦監督も「当時を思い出せば、とにかく藤さんが映画に出てくれないと生きていけないという思いで必死に脚本を書きました。だからお返事をいただく時は、合格発表を待つような気持ちでした」と述懐。その言葉に応えるように藤も「読んでみて、この脚本が映画になりたいんだという気迫を感じましたよ」と笑顔を見せる。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >