楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/21 06:00

亀梨和也が事故物件に住んでみた…! 中田秀夫監督×松原タニシによるホラーに主演

松原タニシ (C)Fujisato Ichiro
松原タニシ (C)Fujisato Ichiro

 [映画.com ニュース] 「KAT-TUN」の亀梨和也が、“事故物件住みます芸人”松原タニシのノンフィクションを映画化する「事故物件 恐い間取り(仮題)」に主演することが決定。「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(2月21日公開)も控えるホラー映画の巨匠・中田秀夫がメガホンをとり、8月28日に公開される。

 事故物件とは、以前の居住者が自殺、殺人、孤独死、事故などで亡くなっている部屋や家のこと。松原は、12年からテレビ番組「北野誠のおまえら行くな。」(エンタメ~テレ)の企画で事故物件に住み始めた松竹芸能所属のお笑い芸人だ。著書「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房刊)は、大阪、千葉、東京、沖縄などにあった9軒の事故物件を“間取り付き”で紹介。発売から2カ月で異例の増刷14刷、累計発行部数10万部を突破したベストセラーだ。

 映画は、松原の実話をベースに、売れない芸人・山野ヤマメ(亀梨)が先輩から「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされ、殺人事件が起きた事故物件に住むという展開からスタート。1軒目の部屋で撮影された映像には白いものが映り、音声が乱れていた。番組からの期待も高まるなか、ヤマメは様々な怪奇現象が起こる事故物件を転々としていく。本編では、松原が体験した怪奇現象がリアルに再現され、ヤマメが室内に設置したビデオカメラの映像が臨場感と恐怖を増幅させる仕掛けとなっている。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >