楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/22 22:34

アカデミー賞監督のトム・フーパーが来日、「キャッツ」日本語吹き替え版を許可した理由は?

日本語吹き替え版の声優陣も結集
日本語吹き替え版の声優陣も結集

 [映画.com ニュース] 世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔を映画化した「キャッツ」のジャパンプレミアが1月22日、都内で行われ、メガホンをとったトム・フーパー監督(「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」)、主人公のヴィクトリアを演じる英国ロイヤルバレエ団プリンシパルのフランチェスカ・ヘイワードが出席。フーパー監督は「リリーのすべて」以来、約4年ぶりの来日。ヘイワードがプロモーションで日本の地を踏むのは、今回が初めてとなる。

 人間に飼いならされることを拒み、逆境の中でしたたかに生きる個性豊かな「ジェリクルキャッツ」と呼ばれる猫たちが、新しい人生を許される、たった一匹の猫を選ぶ特別な夜に集い、夜通し踊る。製作総指揮はスティーブン・スピルバーグ。ジェームズ・コーデン、ジェニファー・ハドソン、テイラー・スウィフト、ジュディ・デンチ、イアン・マッケランら豪華キャストが出演している。

 フーパー監督は「8歳のとき、両親に連れられ『キャッツ』の舞台を見て以来、映画化は長年の夢だった。描きたかったのは、優しさがもたらす変化。幼かった自分のために作った部分もあるし、世代を問わず楽しんでもらえるはず」とアピール。今月20日には天皇皇后両陛下と娘の愛子さまが本作を鑑賞するチャリティ試写会も開催され、「大変な栄誉でした」と同席した感激を振り返った。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >