楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/23 18:00

モトーラ世理奈は「撮りたいと思わせる存在」 諏訪敦彦監督作「風の電話」で放った求心力

奇跡が重なった撮影最終日を振り返る諏訪監督
奇跡が重なった撮影最終日を振り返る諏訪監督

 [映画.com ニュース] 「何故、女優・モトーラ世理奈に惹きつけられたのでしょうか?」。心の奥底では「無粋な質問だ」と思いながらも、あえて言葉を投げかけると、諏訪敦彦監督は「あなたにも(魅力を)感じられますよね?」と微笑んだ。言葉数少ないモトーラを前に、「もちろんです」と力強く頷く。諏訪監督の最新作「風の電話」で主演を務めたモトーラの姿を見れば、筆者の頷きに同意してもらえるはずだ。(取材・文/編集部、撮影/間庭裕基)

 本作のモチーフとなったのは、今は亡き大切な人との思いをつなぐ電話として、岩手県大槌町の小高い丘の上にある“風の電話”。2011年、佐々木格氏が「死別した従兄弟ともう一度話したい」という思いから、自宅の庭に白い電話ボックスを設置し、そこにラインの繋がっていない黒電話を置いた。東日本大震災以降、今は会えない家族や友人に心で話すことができる“風の電話”には、3万人を超える人々が訪れている。映画では、東日本大震災で家族を失った主人公ハル(モトーラ)が、広島から故郷・岩手県大槌町へ向かう旅を通じて、“風の電話”へとたどり着く様子を描いている。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >