楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/26 19:29

「Fukushima50」世界73の国と地域で公開、佐藤浩市「未来へのバトン渡すことができる」

 [映画.com ニュース] 2011年の東日本大震災で津波に襲われ、全電源喪失などの危機に見舞われた福島第一原子力発電所の真実に迫る映画「Fukushima50」のワールドプレミアが1月26日、東京国際フォーラムで行われ、同作が世界73の国と地域で配給・公開されることが発表された。

 ヨーロッパやアジアを中心に随時交渉を進めており、主演の佐藤浩市は「災害は深い傷跡、つめ跡を残すが、負の遺産を我々人間の少しの努力で遺産に変えることができ、明日、未来へのバトンを渡すことができる。皆さんもそう願ってください」と訴えた。渡辺謙も、「世界に届けるための英語タイトルだと思っている。フクシマはまだネガティブワードとしてとらえられているが、未来を見据え少しでもポジティブに扱われるよう深いパワーが届けられると信じている」と言葉に力を込めた。

 震災からの5日間、原発の運命を託された作業員たちの奮闘を描く群像ドラマ。今月23日の福島・郡山での初上映には2人と若松節朗監督が向かい、翌24日には佐藤が仙台、渡辺が気仙沼に行きキャンペーンを行った。最前線の中央制御室(中操)で指揮を執った当直長・伊崎を演じた佐藤は、「時系列に沿って撮影ができたので、シーンを重ねていくうちに皆が同じ境遇にいる意識になった。あの結束は普通の映画ではなかった」と感慨深げに振り返った。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >