楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/27 06:00

綾野剛×北川景子、刑事役でバディに! 中山七里「ドクター・デスの遺産」映画化

原作は中山七里氏のクライムサスペンス小説
原作は中山七里氏のクライムサスペンス小説

 [映画.com ニュース] 綾野剛と北川景子が、ミステリー作家・中山七里氏の小説を実写映画化する「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」で共演し、刑事役でバディを組むことがわかった。深川栄洋監督がメガホンをとり、安楽死を手口とする連続殺人犯と刑事コンビの攻防戦をスリリングに描き出す。

 原作は、「第8回 このミステリーがすごい!」で大賞に輝いた「さよならドビュッシー」でデビューを果たし、“どんでん返しの帝王”の異名を持つ中山氏のクライムサスペンス。「楽園」「閉鎖病棟 それぞれの朝」など幅広い役に挑む綾野が警視庁捜査一課の敏腕刑事・犬養隼人を演じ、「スマホを落としただけなのに」に出演し、「ファーストラヴ」が控えるなど話題作が相次ぐ北川が、犬養とバディを組む冷静沈着な刑事・高千穂明日香役を務める。ふたりは「パンク侍、斬られて候」に次ぐ2度目の共演となった。

 物語の始まりは、終末期の患者ばかりが狙われる連続不審死事件。捜査に乗り出した犬養と高千穂は、依頼を受けて患者を安楽死させる“ドクター・デス”と呼ばれる医者の存在にたどり着く。ある日、重度の腎臓病に苦しむ犬養の一人娘・沙耶香が、ドクター・デスに安楽死の依頼をしてしまう。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >